HOME>注目記事>検査と治療で将来の視野欠けをしっかりと防ごう

視野欠けの検査で発症していないか確認

視力検査

見える範囲がどんどんと欠けていく緑内障は、初期の段階では自覚を持てないのが厄介です。そのため、40歳を過ぎたのなら定期的に眼科を訪れて、視野が欠けているところがないか調べてもらうのがよいといわれているのです。なお、現在では、昔ながらの検査方法に加えてOCTという機器が登場したので、初期の段階でも見つけられるようになっています。もしも、まったく緑内障の症状がなくても不安を感じているのなら、OCTを導入している眼科を探すことから始めましょう。症状が進んでいないうちに見つけてもらうことができれば、ずっと生活に支障のない視野を保てる可能性がとても高くなります。

眼圧を下げる治療が行われる

女性

緑内障の治療は欠けた視野を戻すために行われるのではなく、現状の見え方を維持するために行われます。その維持するためにもっとも多く利用されているのが、眼圧を下げるための目薬です。眼圧が高いと目の中にある視神経が死んでしまい、視野欠けが進むといわれているため、一日一回や二回の目薬で下げるようにするのです。ひとによっては多少目にしみてしまうかもしれませんが、基本はただの目薬なので治療が難しいと感じる方はいないでしょう。

目薬だけではなく手術もある

医者と看護師

緑内障用の目薬はたくさんあるので、一つが効かなくなったとしても、ほかのものを利用することにより眼圧を下げられる場合も多いです。一つでは効果が十分ではなかった場合は、ほかのものを併用することでも眼圧の低下を目指せます。そして、目薬の効果が得られなかったからといって、ガッカリする必要はありません。現在では、手術により眼圧を下げる方法もいくつかあるので、目薬が駄目だったのならドクターと相談をして今後の治療方針を決めましょう。

広告募集中