HOME>ホットトピックス>点眼の習慣が症状の進行を抑える効果をもたらす

眼科医も推奨する定期検査

視力検査

眼科医が推奨しているのは、定期検査を受けるということです。自覚症状に乏しい緑内障なので、気がついたときには視野が欠け始めていた、ということも珍しくないです。定期検査を受けていれば、予防をすることができます。

点眼を継続することの効果

女性

緑内障を早期に発見し、点眼を継続的に行うことはとても重要なことだと考えられています。点眼は朝に1回すればよいのですが、これを継続するのは意外と難しく、忘れてしまう人も多いです。習慣づけることが大切です。

予防のためのメガネ

女性

研究結果では、太陽の紫外線が緑内障の要因となってしまうことが分かっています。最近では、眼病予防につながる紫外線やその他の太陽光線をすべてカットすることができる眼鏡が登場し、話題を集めています。サングラスとまではいきませんが、メガネのレンズに少し色がついたタイプのメガネになります。これを日頃から着用することで、緑内障を予防することに繋がると言われています。

適切な検査を受けること

女性

緑内障の予防に最も効果的なのは、目の定期検査を受けることです。ほとんどの緑内障患者が自覚症状がないまま、ある日眼科に行ったら緑内障と診断されたという人が多いです。そのため、定期的に眼科で検査を受けることが大切です。

広告募集中